2017年06月25日

遺言があれば、遺産相続でもめないのか!?

今日は、相続に関するお話です。

遺産相続でもめることがないように、遺言は書いておきましょう、というアドバイスはよく見かけますね。

私自身、さまざまな税理士、弁護士、FPといった相続問題に関わっている方とお話をしています。いろいろな相続トラブル事例を見聞きしていますが、遺言があってももめる事例はそれなりにあると感じています。
遺言があればトラブルを防げると思っている方も多いのですが、必ずしもそうとは限らないのです。

いくつか事例をあげてみましょう。

■遺言があっても、遺産を受け取る遺族の間で損得が分かれるような遺言の場合。
例えば、遺産の7割を兄に、残り3割を弟に相続する、という内容の遺言。
遺産分割は機械的に遂行できるかもしれないが、弟側が遺言の内容に納得できないなら、それ以後、兄弟が不仲になることがある(ちょっとしたことで、もめ事になる兄弟仲になってしまう)

■遺言があっても、遺産を明確に分けきれない場合。
例えば、遺産を兄弟4人で4分の1ずつわけること、という趣旨の遺言だと、誰が現金を相続し、誰が不動産を相続するのか、などをめぐって兄弟がもめることがある。

他にも事例はありますが、どうすれば遺族がもめない遺言を作ることができるのでしょうか。

それは生前に、家族全員で集まって、財産を誰にどのように分けるかを、全員が納得してから、遺言を書くことなのかもしれませんね。
生前に遺産分けのことを、親は話しにくいかもしれませんが・・・

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●7/9(日) 高校生向け金融教育を体験し、実践できるようになろう
高校生向けの金融教育の授業を実際に体験いただき、それをマネすれば
あなたが若い世代への金融教育を行える立場になれる!という企画です。

●7/22(土) 身近な事例から学ぶ、金融オプションの正体と損得判断
FP試験でも出題される、金融のオプションを基礎から学びます。
この1日で、FP1級/CFPレベルのオプション知識が得られます。

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
http://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

【相続の最新記事】
posted by 未来の家計改善FP勉強会スタッフ at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続

2017年06月21日

年齢が上がるにつれ上昇する保険料、いつ加入するのが得か

生命保険や医療保険は、保障内容が同じであれば、年齢が高い人ほど保険料が高くなるのが一般的です。
これは統計調査上、年齢が高い人ほど死亡する確率が高く、また入院する確率が高いからです。
なので、誕生日を迎えて年齢が一つ上がると、それに合わせて保険料も高くなるのです。

それなら、若いうちに保険に入れば、保険料支出を削減できるかというと、必ずしもそうではありません。
なぜなら、ほとんどの保険商品は、ある一定年齢までしか保障をしないという性質上、若い人が加入するほど、保険料を支払う年数も長くなるからです。

したがって長期的な視点で見れば、加入時の年齢が高いほど毎月払う保険料は高くなりますが、保険料を払う年数は短くなるので、トータルで支払う保険料はそれほど多くはならないようにも思います。

では、誕生日を迎える前と後とで、どれくらいの損得が生じるのか、について書かれた記事がありますので、ご紹介します。

http://wol.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/032200063/061400060/

 
こちらをお読みいただくと、若干の差はあるものの、長期的にはそれほど大きな差がないことが説明されています。
実際には、保険商品ごとに損得は異なるため、気になるようでしたらこの記事をもとに、皆さん自身でしっかり比較してみるのが良いでしょう。

でも重要なことは、保険に加入する必要性を感じたら、早めに加入するということです。
保険に加入していない間に死亡しても生命保険金はおりませんし、入院しても保険金はおりません。
万が一に備えるなら「●歳まで保険の加入を待とう」ではなく、保険を必要と思ったときに比較検討のうえ、適した保険に加入することが大切です。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●7/9(日) 高校生向け金融教育を体験し、実践できるようになろう
高校生向けの金融教育の授業を実際に体験いただき、それをマネすれば
あなたが若い世代への金融教育を行える立場になれる!という企画です。

●7/22(土) 身近な事例から学ぶ、金融オプションの正体と損得判断
FP試験でも出題される、金融のオプションを基礎から学びます。
この1日で、CFP/1級技能士レベル相当のオプション知識が得られます。

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
http://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by 未来の家計改善FP勉強会スタッフ at 06:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 保険

2017年06月15日

お金をテーマにした、勉強会・メールマガジンのご案内

みなさま、こんにちは。
FP勉強会運営スタッフ(公式サイト管理人)の佐藤です。

私は、お金をテーマにした複数の勉強会を運営し、メールマガジンを発行しています。
皆様にとって、お金に関する専門的な情報を得られるきっかけになればと思い、これらの勉強会・メールマガジンのご案内をさせていただきます。

※月に1回程度の頻度で、このご案内を配信しています。
※複数のメールマガジンをご登録されている方には、重複してこのご案内が配信されますことを、ご了承ください。

 
■未来の家計改善FP勉強会
・お得で損をしない方法
・自分たちの家計改善につながる方法
・お金のトラブル防止・解決に関する内容
などについて、メールマガジンの配信と、勉強会の開催を行っています。
住宅ローン(住宅購入)、投資&貯蓄、保険、老後年金、相続、節税、日々の家計改善など、お金に関して多岐にわたるテーマで、お金について「みんなで楽しく学べる」勉強会も定期開催しています。
ファイナンシャルプランナー(FP)の視点を取り入れています。
専門的なことも、分かりやすく楽しく学べるのが特長です。

公式サイト:http://money-study.net/life-plan/index.htm
メールマガジン:http://money-study.net/life-plan/mail-magazine.htm

 
■FP技能士3級2級合格勉強会
ファイナンシャルプランナー(FP)の国家資格である、FP技能士3級と2級の合格を目指す方向けの勉強会です。
この資格を取る過程で、お金に関する有益な内容をたくさん学べます。
家計改善にも活用できる資格として、注目されています。
試験合格に役立つ情報、過去問解説を掲載している公式サイト・ほぼ日刊のメールマガジンもあります。
・FP試験合格のためのガイダンス会
・試験直前には、直前対策勉強会
を、東京都内で定期的に開催しています。
「みんなで楽しく学べる」が特長の、他にはない試験対策の勉強会です。

公式サイト:http://money-study.net/fp/index.htm
メールマガジン:http://money-study.net/fp/info/mail-magazine.htm

 
■ハイレベルFP勉強会
こちらは本格的にファイナンシャルプランナー(FP)として活動している方、またFPを目指していきたい方を対象にした勉強会です。
周りより1歩優れたFPになりたい、という方の支援を目的に活動しています。
顧客の資産コンサルティングや、実務的なFPビジネスの内容を扱っています。

公式サイト:http://money-study.net/high/index.htm
メールマガジン:http://money-study.net/high/info/mail-magazine.htm

 
■FP技能士1級合格勉強会
ファイナンシャルプランナー最上級国家資格である、FP技能士1級。
その1級試験の合格をテーマにした勉強会です。
公式サイトとメールマガジンで、合格に役立つ情報提供を行っています。
現在、こちらの勉強会の開催に向けて準備を進めています。

公式サイト:http://money-study.net/1fp/index.htm
メールマガジン:http://money-study.net/1fp/info/mail-magazine.htm

 
■FPの知恵・要望を結集した無料のライフプランシミュレーションソフト
未来の家計簿(キャッシュフロー表とも言います)を簡単に作ることができる、インターネット上のソフトです。
世間の平均年収や平均支出額を当てはめるのではなく、あなた固有の収入・支出・将来計画を的確にくみ取り、未来の家計を計算してくれます。
そのため、類似ソフトより精度の高い家計分析&シミュレーションができます。
このソフトは、私が開発と提供を行っています。
個人利用もFP業務利用も、いずれも無料でお使いいただけます。
利用者の声を反映しながら、毎週バージョンアップしているのも特長です。
メールアドレスの登録だけで、どなたでもご利用いただけます。

公式サイト:http://financial-teacher.net/

 
以上が、お金をテーマにした勉強会・メールマガジン・ソフトのご案内です。
ご興味をお持ちになりましたら、ぜひメールマガジンのご登録、勉強会へのご参加を、よろしくお願いいたします。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●7/9(日) 高校生向け金融教育を体験し、実践できるようになろう
高校生向けの金融教育の授業を実際に体験いただき、それをマネすれば
あなたが若い世代への金融教育を行える立場になれる!という企画です。

●7/22(土) 身近な事例から学ぶ、金融オプションの正体と損得判断
FP試験でも出題される、金融のオプションを基礎から学びます。
この1日で、CFP/1級技能士レベル相当のオプション知識が得られます。

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
http://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by 未来の家計改善FP勉強会スタッフ at 06:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人より

2017年06月09日

住まい購入の、検討から購入までにどれくらいかかっているか

住宅購入において、検討から購入までにどれくらいかかったか、というアンケート結果がありました。
「3ヶ月以内が1/4、4〜6ヶ月が1/4、1年以内が1/4、それ以上が1/4といった分布になっています」とのことです。

人によって、ずいぶんとばらつきがあるなあと思いました。

 
急いで住み替える必要がある人や、業者にせかされて流れるがままに契約する人は期間が短く、住宅購入を慎重に考える人は期間が長い傾向があるのではないかと思っています。

住宅購入は、人生の中でも特に大きな買い物をする瞬間です。
お金の面では、少しじっくり考えて、複数の候補の中から検討すること、また割高な買い物になっていないかを客観的にチェックすることも行ってほしいと思っています。

 
皆さんは住宅購入で、どれくらい期間をかけたでしょうか?

私は賃貸住まいですが、直近で引っ越したときは情報収集から入居までだいたい3か月くらいでした。
大阪から首都圏に引っ越したときは、1か月以内に移転しなきゃいけない状況だったので、内見した日に即決でしたけれどね(笑)

今回紹介した調査結果の詳細は、下記からご覧いただけます。
http://codata.suumo.jp/point/time/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●7/9(日) 高校生向け金融教育を体験し、実践できるようになろう
高校生向けの金融教育の授業を実際に体験いただき、それをマネすれば
あなたが若い世代への金融教育を行える立場になれる!という企画です。

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
http://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by 未来の家計改善FP勉強会スタッフ at 06:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 住まい、不動産

2017年06月06日

家計シミュレーションソフトで家計分析・家計改善、の勉強会を開催しました

先日6/3(土)に、「家計シミュレーションソフトで家計分析・家計改善をやってみよう」のテーマで勉強会を開催しました。
FPなどお金の相談にのる立場の方と、自分の家計改善を目的に参加された方と、参加比率はおよそ半々くらいでしたが、40名近くの方にお越しいただきました。

 
今回の勉強会では、私が開発・提供している無料の家計シミュレーションソフトをご紹介しながら、どのように家計分析を行えばよいか、どのように活用できるか、また家計の問題点が解決したことをどう確認するか、といった内容を、画面を見ながらご体験いただきました。

途中で10分ほど時間を取って、あるご家庭の家計改善にチャレンジしていただくグループワークの時間も設けました。
皆さんの頭の中には、様々な家計改善法が浮かんでいましたね。
その改善案で本当に家計改善につながったのかを、最後にみんなで確認をしました。

 
他に類似のソフトもありますが、私が開発・提供しているソフトは、一人一人の将来の家計を的確に反映する仕組みを持っています。利用者の将来の家計を可能な限り精度高く予測し、シミュレーションできるのが特長のソフトです。
金融機関の人たちが使うような高度な機能も裏側で持っていますので、ぜひご活用いただければと思っています。

この家計シミュレーションソフトは、下記公式サイトからメールアドレスを登録するだけでご利用いただけます。

【FPの知恵・要望を結集した無料のライフプランソフト】
http://financial-teacher.net/

ITを活用した家計分析や家計シミュレーションにご興味をお持ちの方も多くいらっしゃいますので、今後も定期的にこの様な勉強会の機会を設けていきたいと思っています。

次回の勉強会テーマは「高校生向け金融教育」です。
若い世代への金融教育にご関心をお持ちの方は、ぜひご参加いただければと思っています。
また皆様にお会いできるのを、楽しみにしています!
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●7/9(日) 高校生向け金融教育を体験し、実践できるようになろう
高校生向けの金融教育の授業を実際に体験いただき、それをマネすれば
あなたが若い世代への金融教育を行える立場になれる!という企画です。

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
http://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by 未来の家計改善FP勉強会スタッフ at 06:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 未来の家計改善FP勉強会